【ヨシカワ☆たゐむず】Vol.3 デジタル・トランスフォーメーション推進開発部 見並芽依さん 編

 「ヨシカワ☆たゐむず」とは

役員や社員のインタビューをお届けします。読者の方々には、シー・エス・エスのことをいろいろ知って頂き、ファンになって頂ければとても嬉しいです!

 

f:id:css-yoshi:20200730153018j:plain

 

-------------------------------------------------------------------------------

本日のゲスト

デジタル・トランスフォーメーション推進開発本部 見並 芽依さん

 

インタビュアー

代表取締役社長 佐川 学

デジタル・マーケティング本部 芳川 竜弥(ヨシカワ)

-------------------------------------------------------------------------------

 

はじめに

 

皆様、こんにちは。最近ではセミが鳴き始めて、本格的な夏を感じています。

 

今回はデジタル・トランスフォーメーション推進開発本部の見並芽依さんにインタビューを行いました。インタビュアーには、ヨシカワに加え社長に参加して頂いております。

(新型コロナの影響により、リモートでインタビューを行いました)

 

 

f:id:css-yoshi:20200730150509j:plain

※写真 下:見並芽依さん 上:ヨシカワ

 

 

Q1 プロジェクトについて

 

ヨシカワ:本日はよろしくお願いします。

 

見並芽依さん(以下見並):よろしくお願いします!

 

佐川社長(以下佐川):よろしくお願いします!!!

 

ヨシカワ:では、最初に入社何年目か教えてください。

 

見並:入社2年目になります。

 

ヨシカワ:具体的な仕事内容を教えてください。

 

見並:グループ会社「株式会社Q」で運営を行う予定のシェアリングプラットフォームサービス「MeetingRoomQ」の開発を担当しています。企業の空き会議室を時間単位で貸し借りする為のBtoBのWebサービスです。

※詳しくはこちらhttps://www.q-jp.co.jp/

 

佐川:見並さんは機能のどの辺を担当したの?

 

見並:ユーザーの登録や会議室の登録、更新など幅広く担当していました。

 

ヨシカワ:開発環境について、教えてくれますか?使っている開発言語は何ですか?

 

見並:Rubyと画面の方でJavaScriptを使ってますね。

 

佐川:他に何か使ってる開発環境はある?クラウドとか。

 

見並:あ、そうですね。AWS(Amazon Web Services)を使っています。

 

佐川:AWSはどんなサービスを使ったの?

 

見並: EC2とかS3とか使いますね。S3には画像を保存してる感じです。私が使うところは、それくらいです。アプリの開発を主に担当しているので、今回の開発で使っている他のAWSのサービスについては、インフラ担当の方に聞いてください。

 

佐川:データベースは何を使ってるの?

 

見並:オープンソースデータベースのPostgreSQLを使っています。

 

佐川:比較的新しくて、需要の高い技術を使ってるんだね。

 

見並:そうですね。

 

ヨシカワ:今後の「MeetingRoomQ」の開発について、どのような予定をしていますか?

 

見並:今後はスマートフォンのアプリを開発する予定です。

 

佐川:何で開発するの?

 

見並:いろいろと検討した結果、Flutterを使うことになると思います。

 

佐川:AppleのiPhoneとAndroidのアプリを、両方いっぺんに作成できるツールだったよね?

 

見並:そうですね。便利になりましたね(笑)



f:id:css-yoshi:20200730151202j:plain

 

 

Q2 仕事について

 

ヨシカワ:ではプロジェクトにおいて大切にしていることは何ですか?

 

見並:自分に与えられたことと自分にできる仕事はしっかりやり遂げることですね。

 

ヨシカワ:なるほど。素晴らしいですね(笑)

 

見並:あ、ありがとうございます(笑)

 

ヨシカワ:仕事で楽しいと感じるときはありますか?

 

見並:プログラムが上手く動いたときに楽しいと感じますね。新しく何かを作るってなったときはほとんど詰まってしまっていたので、一つプログラムが動くだけでもうれしいですし、その時に楽しいなと感じます。

 

佐川:プロジェクトとか開発している時に苦労したところってあった?

 

見並:JavaScriptのフロント側でやるバリデーションの整合性が取れているか確認するのが難しかったですね。追加したり削除したりの部分があって、IDなども変わったりしますが、そういった更新のタイミングで整合性をとるのが大変でした。また、メッセージがずれたりしてしまうこともあって苦労しました。

 

佐川:なるほどね。今回の仕事は、全般的に今まで当社ではあまりやったことのない技術を採用したから、自分で調べないといけないところも多いだろうし、結構苦労したことが多かったんじゃないかなって思う。

 

見並:そうですね。

 

佐川:「MeetingRoomQ」のプロジェクトは、新技術を積極採用することで、新技術の実績をつけるという研究開発の目的もあるんだ。新技術の実績は、受託案件など、他の開発にも展開して欲しいね。



Q3 最後に

 

ヨシカワ:見並さんが思う「仕事」って何ですか?

 

見並:楽しめる一つの場だと思っています。仕事ってプライベートとは違う楽しさがあると思っています。実際に社会人になってから仕事の楽しさを味わえる機会が沢山あります。

 

佐川:今、会社では、感染防止の為に原則テレワークで仕事するようにお願いしてますよね。会社に出勤して目の前で皆と一緒に仕事をする時と、在宅で一人で仕事する時って感覚が少し違うと思うんだけど、テレワーク環境でも楽しんで仕事ってできてる?

 

見並:そうですね。確かにみんなで仕事するほうが楽しさを感じられるのですが、在宅では少しでも進むと達成感を感じますね。

 

佐川:そうですか。心配しているのですが、少しホッとしました。

 

ヨシカワ:今日は、ありがとうございました。では、以上でインタビューを終了させて頂きます。

 

見並:ありがとうございました!

 

佐川:ありがとうございます!

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

見並芽依さんありがとうございました!また社長ともインタビューできてとても楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

今回は「MeetingRoomQ」についてインタビューという形で紹介させて頂きました。

皆様もご興味ありましたら、ぜひホームページをご覧ください!

(URLは上記ページ参照)

 

次回もお楽しみに!ありがとうございました!

 

当社問い合わせフォーム:https://www.css-net.co.jp/contact/